毛穴の汚れの原因は、古い角質が落ち切れずに溜まっていく事です。この汚れを無くして正しいスキンケアをしましょう。

スキンケアの最初は汚れを落とすこと

スキンケアの最初は汚れを落とすこと

正しいスキンケアは毛穴に汚れを残さない

どんなに毎日綺麗に毛穴を目立たなくする為のメイクを長時間かけて施しても、肌年齢は上がっていくばかりです。そうならない為にも日々のスキンケアはとても大事です。毎日の洗顔でも毛穴に汚れが残っていてはいけません。どうしてかというと、毛穴の汚れの原因は、古くなってしまった角質です。本来は剥がれ落ちていくべきものなのに、肌に残ったままだと古い角質と皮脂が合わさって毛穴に溜まり、酸化してしまうことで硬くなり、色も黒くなってしまいます。これが毛穴の黒ずみの原因です。そしてそれがどんどん溜まることで毛穴が広げられて毛穴の開きへと繋がってしまいます。毎日の洗顔がきちんと行われていないと、皮脂・古い角質・ほこり・細菌などが混ざり合い、汚れとなるのです。

中学校時代の友人で、昔は普通の肌をしていたのに、気づくと鼻が黒ゴマがついているようになった女の子がいました。一緒に遊んでみると、鼻に毛穴パックを貼って、ごっそり小鼻の汚れが落ちるから面白いと、目の前で実践してくれました。その時はすごくよく取れるのですが、毛穴は開いたままで放置していたので、そこにまた汚れが溜まり、皮脂と混ざって酸化して黒くなってしまっていたのでした。毛穴パックは刺激もあるし、正しく使用後に冷たい化粧水で引き締めていたら、そこまでひどくはならなかったのかもしれません。彼女は悪循環に陥っていました。そんな事もあり、毛穴の引き締めにも注意して、お風呂で毛穴が開いたら、化粧水ですぐさまケアをしています。毛穴を開きっぱなしにしない事が、汚れを溜めにくくする事です。

美容・スキンケアの参考になるネタはすぐわかるこのサイトでチェック!!

Copyright (C)2017スキンケアの最初は汚れを落とすこと.All rights reserved.